文系大学・学部

医療系ではない進学先でも、EKMの指導は活きる!

私立文系は英語が最重要科目。英語に力を入れているEKMの授業のおかげで、英語力が大きく伸び私文最難関に合格

津田塾大学 学芸学部英文学科

H. Uさん


シノザキロゴスアカデミー(EKM真岡教室)高校1年次

EKM宇都宮駅前校 所属 高校2年次~3年次在籍


・ EKMを知った経緯、入塾の経緯
 私は県内の中高一貫校に在校していましたが、高校一年生の時に成績が伸び悩んでしまいました。それまでに集団指導の塾に在籍していたこともありましたが、成績が伸びたという実感はあまりなく、ただ先生の話を聞いているだけの授業時間を過ごしていました。そんな中、個別指導を中心に行っていて、東京に拠点を持つ塾の本格的な受験指導を栃木で受けることができるということで、EKMの存在を知り、興味を持ちました。

・ 入塾を決めたきっかけ
 入塾前に、私自身の目標や勉強方法、自分が今どのような状況で、苦手をどのように克服するかをしっかりと瀬戸先生とお話しする機会があったことがきっかけでした。当時から私はEKMに在籍するみなさんのように医学部、医療系学部を志望していたわけではありませんでした。それにも関わらず、瀬戸先生は私の話を熱心に聞いてくださり、これからどのように勉強していくかを一から話し合ってくださいました。それまでただ漠然と勉強しなくてはいけないと考えるだけであった私にとって、瀬戸先生とのお話しを通して得た学習目標や学習方法は、その後の受験勉強においてとても大きな意味があったと感じています。

・ EKMで学習を始めて良かったこと
 わたしはすぐに怠けてしまう性格で、それまではこれくらいでいいかと勉強に対して妥協してしまうことが多々ありました。しかしEKMで学習を始めて、先生と生徒の距離感の近さから、先生が節々で声をかけてくださったことで勉強に対する意欲を維持することができました。

・1年間を通して気をつけたことや工夫
 常に自分の目標を意識し続けることです。模試の結果が出る度に一喜一憂することなく、今の自分がしなければならないことを継続することはなかなか難しいことです。また受験直前になればなるほど、現状の自分の実力と志望校のギャップに焦りや不安を強く感じます。しかし、どんな状況であっても地道にやるべきことを積み重ね続ければ自然と結果はついてくるものだと思います。私も何度も無理かもしれないと考えてしまいましたが、そんなことは今考えても仕方ないと考え直し、模試の解き直しやなぜ間違えたのかという分析をするようにしていました。

・ EKMの印象的な授業
 特に印象に残っている授業は英語の授業です。私にとって最も重要な科目とも言える英語ですが、EKMでのご指導のおかげで今まで自分が分からないままにしていた穴が埋まったと感じました。それまで英語に対する苦手意識はあまりなく、その状況に慢心して英語の学習を疎かにしてしまいがちでした。しかし、EKMではまず基礎から英語を学習することができたので、自分が見落としていた苦手分野を知ることができました。加えて自分自身が苦手だと感じている分野を重点的に繰り返し学習することで、苦手分野を克服することができました。また少人数で英語を音読する授業というものも他の塾ではあまり経験できないことだと思います。声に出すことでただ黙読するよりも覚えやすく、一人では億劫に感じてしまう音読を他の塾生と一緒にできるというのはとても魅力的な授業でした。

・ 後輩たちへのメッセージ
 私はEKMに在籍する多くの生徒さんのように医学部、医療系学部を志望していたわけではありません。しかし、受験という高い壁を越えるために必要である基本的な力はどの学部にも通ずるものではないかと思います。英語が重要と言われる私立文系大学の受験においても、EKMでのご指導のおかげで得られた英語力が大いに発揮できたと感じています。皆さんがEKMで多くのことを学び、志望する進路が実現することを心からお祈り申し上げます。