日本大学 医学部

【合格者の声】逆境を乗り越えて・高卒認定取得からの医学部最終合格

2014年度最終合格者 小野寺奏さん 日本大学医学部医学科 合格

合格後、着物を着て記念撮影後、お母様と来訪いただきました。とてもお綺麗でした!
合格後、着物を着て記念撮影後、お母様と来訪いただきました。とてもお綺麗でした!

[1] 入塾までの経緯

 私は、高校在学中に交通事故に遭って、その治療のため学校に通えなくなってしまい、最終的には高校を中退しました。そこで、高卒認定を取って、医学部入学を目指すことを決めました。エコールに来るまでは、前に通っていた塾で「高卒認定の人は医学部は絶対に受からない」と言われたこともあり、医学部受験に対してすごく不安になっていました。

 2浪目になったときに、予備校をいろいろと探していて、エコールが再受験の方など、普通と違う経歴の方の受験をサポートしていることを知り、私自身高卒認定という特殊な経歴なので、ここならば受け入れてくださるのではないかと思い、入塾を決めました。

エコールにはじめ来校した際には、瀬戸教室長がすごく真摯に対応してくださいました。私は、やはり高卒認定では受からないのではないか、と思っていたのですが、「そんなことはないですよ」「あなたが思っているほど不利にはなりませんよ」と背中を押してくださって、とても安心できたのを覚えています。

[2] 入塾後のEKMの印象。

 最初は私も緊張していたので、なかなか自分から話せなかったのですが、1クラスの人数が少ないので関わりが近く、自然に周りの人と話すようになり、楽しく過ごせました。同い年の子もいて、仲良くさせてもらいました。お互いが程よい距離感で雰囲気は良かったと思います。

[3] EKMで学習を始めた当初の様子。

 前期は、数学・化学・生物は基礎をインプットする授業だったので、普通にこんな感じなのかな、と思ってついていっていました。
 英語に関しては、授業の教材のほかに多読の課題を課せられて、自分の興味のある話で簡単に読めるものを読んで発表する時間もとっており、「あ、そんなこともするんだ」と少し驚きました。でも私は自分の好きな本にはまって読んでいたので、良い息抜きになりました。読むのは苦ではありませんでした。私はもともと英語が好きで、やっているとつい楽しくなってしまって、本当はもっと苦手科目に時間を割くべきところを、夏頃までは少し英語をやり過ぎてしまったかな、というのが反省点です。

 英語は単語力がものを言うところがありますが、興味のある話だと単語も入ってきやすいですし、多読は強制された題材でなかったのが一番効果的だったのではと思います。授業中に覚えた単語はもちろんのこと、この多読を通して吸収したものはずっと覚えていて、多読で出てきた単語が実際の入試で出たりすると、読んでいてよかったなと思いました。

[4] EKMの学習で印象に残っていること。

 小論文の授業がとても印象に残っています。前期はディスカッションが中心で、私のクラスは周りの人が自分より年上だったので難しい議論にもなったりしていたのですが、今では、そういう人たちに揉まれて参加できたのはためになったと思っています。後半の授業では実際に小論文を書くことが多く、そこで扱われた内容や、課題で書いた内容が、本番の試験にも出ました。帝京大学のセンター利用の二次試験が、英語の長文を読み、その要約と自分の意見(小論文)を日本語で書く、という形式だったのですが、ちょうど授業でやったテーマ(安楽死に関する問題)が出題され、自分も実際にこのテーマで小論文を書いていたので、やっていて本当によかったです。もし、この授業に出ていなかったら、帝京大学には受かっていなかったと思います。


 このほかには、エコールから推奨されて全国模試を定期的に受験するようになったことです。実は私は、EKMに入るまで模試を受けたことがなかったんです…。エコールで受験を勧められなかったら、おそらく自分では受けようとしなかったでしょうし、模試を受けることで、その時その時の自分の成績や位置がわかるようになったので、とてもよかったと思います。マーク模試は長丁場で、休み時間も短く大変ですが、センター試験の形式に慣れるという点では受験をおすすめします。

[5] 学習面で苦労したこと、頑張ったこと。

 私は数学がとても苦手で、最初の模試では偏差値がたいへん低く、河合塾の判定はD判定でした。その後は自分でもそれなりに頑張って、C判定、B判定と徐々に上がっていき、結果に反映されてきたことは実感として嬉しかったです。けれども数学は最後の最後まで苦労しました。
 反省点として、私は時間を決めてやっておらず、ノルマを決めてやっていたので、そのノルマが終わらないと長くやってしまいがちでした。科目ごとに時間を決めることも実行していれば、数学やその他の科目ももう少し伸ばすことができたのではないかと思います。

 化学もかなり苦手意識が強く、模試でも点数が出ず本当に苦労しました。マーク模試では7割すらいっていませんでした。問題集も結局「目標何週」というのを達成できなかったのですが、センター試験本番で96点をとったので、何が起こるかわからないものだな、と思いました。不安に感じることがあっても、ぎりぎりまで勉強し続けることが大切なので、もちろん模試の成績も目安として大事ですが、模試の結果にこだわりすぎることなく、とにかく勉強を続けることが大切だと感じています。

2013夏・湘南国際村合宿にて
2013夏・湘南国際村合宿にて

 

[6] 1年間を通して気をつけたこと


 英語で紙の辞書を使うときは、1回引いたらマーカーを引いて、2回目に同じ単語を引いたときに付箋を貼るようにしていました。そうすると自分の覚えにくい単語がわかるので、これはやっていてよかったと思います。

 また、メンタルケアの点については、受験が近くなるにつれて、成績の伸びや、自分の経歴のハンデを考えてしまって、いろいろと不安になりましたが、これはとにかく自分で乗り越えるよう調整しました。私の場合は、飼っている犬に癒してもらっていました…(笑)

[7] 年間を通して印象的な出来事
 
 私は英検を受けて、1回目で準1級が面接で落ちて、11月にもう一度受けて合格したのですが、それが印象に残っています。入試までに受かっておきたかったので、英語科の先生方に質問をして指導していただきました。


 英検準1級の面接では、社会的な内容の質問が抽象的にされるので、難しいことを言わなくてもいいことはわかっていていも、パッと瞬間的に答えるのが難しかったです。でも、この英検の対策を通して、抽象的なことを自分の中で具体化して、持っている知識の中で自分の答えやすい方向に落とし込んでいく…ということを身につけることができ、実際日大の面接でもすごく役に立ちました。日大は抽象的な質問が多いのですが、間を作らず、何かしらすぐに答えることができたと思います。準1級をクリアしたことで、自信をつけて入試に臨めました。

[8] EKMの印象的な授業


 特に印象に残っているのは英語の授業です。生徒みんなに当てていくので適度な緊張感がありましたし、英語の授業が一番楽しかったです。多読の発表に時間が多く割かれることもありましたが(笑)、とにかく情報の引き出しが多いなと思いました。1つの単語からでもいろいろな方向に知識を広げていくのはすごいです。

 

 二次試験直前の面接対策では、一番最初の二次試験だった杏林の面接対策が印象的でした。塾長からの想定問答に対して考えるときに、なかなか自分でも思い浮かばなかったり、どういう答えがベストなのかわからなかったりしたのですが、そこでしっかりと対策していただいたことで、本番の面接で自信を持って答えられたと思います。

[9] 入試本番期の思い出(本番~合格通知到着まで)


 受験は本当に長かったです。センター試験から1ヶ月以上、特に試験日が連続していると大変でした。試験当日は科目と科目の間がとても長いので、余計疲れを感じることもありました。
 そのためとにかく体調は崩さないように工夫をして、受験期間中はずっとマスクをしていました。あとは、試験会場の椅子が痛かったので、クッションを持っていっていました。

 合格通知が届くまでの間は、二次試験に進めても最終合格が全く来ないので、もうだめかもしれない、3浪になるかもしれない…などと思ったときもありました。それこそ、過去に「一次通っても、高卒認定だから二次で絶対落とされる」と言われたことがよみがえってきて、やはり高卒認定の人を快くはとらないだろうな、と自分でも思っていました。

 その後、帝京大学の合格がわかった時には、母と一緒に泣きました。
 帝京に電話をかけて自分で確認するパターンだったのですが、機械の声で「オメデトウゴザイマス」と言われて(笑)、もう何度も確認しました。

 続く日大の発表のさいは、正直一次試験の感触も良くなくて、今までの感じからして二次を通るのは無理だろうと思っていたので、合格通知が手元に届いても信じられませんでした。本当に意外でしたし、帝京のときに、とにかく医学部に受かった喜びを出し尽くしてしまって、日大のときは冷静でした(笑)。

[10] 後輩たちへのメッセージ。


 受験生、特に浪人生というのは、堂々としていられる立場ではなくて、どこにも所属していない感じがあります。だから私も、今の状態から早く抜け出したい、という思いがとても強かったです。長い受験生活を通して、自分が受験生、浪人生であるという自覚を持って、それを忘れないことが何よりも大事だと思いました。


 入試本番は何が起こるかわかりませんし、必ず受かるという保証もないですから、受験生の間は何を優先すべきかといえば、大学合格という一つの大きな目標に向けて勉強を頑張るのみだと思うんです。それだけは本当に忘れないでください。とにかくそれだけを心に留めて、前に進んでいってください!

和多慎吾さん [一般入試] 【再受験】【3浪以上】

【大阪府出身。私立甲陽学院高校卒。家庭の事情で高校卒業後4年半のブランクを経て、受験年度の7月にエコール麹町メディカルに入塾。日本大学医学部医学科、金沢医科大学医学部医学科最終合格。獨協医科大学医学部医学科一次合格(二次辞退)、日本医科大学医学部医学科一次合格。日本獣医生命科学大学獣医学部獣医学科、麻布大学獣医学部獣医学科(センター利用)合格。】

私は中学・高校の6年間、関西の中高一貫の有名進学校で学びましたが、卒業後は、家庭の事情で大学受験を諦めざるを得ず、家業の手伝いをして過ごしていました。家庭の事情とはいえ、進学できないことで非常に悔しい思いをしました。高校時代の友達は、東京大学や京都大学、国公私立の有名医学部などに進学しており、自分だけが取り残されているという気持ちでいっぱいでした。悶々とした気持ちのまま、気が付けば3年近い月日が流れてしまいました。

22歳の時、大切な人の相次ぐ死や、妹や友人の病気、自身の入院など、ドラマのような悲劇を連続して経験しました。そんな状況に憔悴しきっていた私ですが、亡くなったある大切な方からの言葉から勇気をもらい、今度は自分が助ける側に回るべく「医師になろう」と決意したのです。こうして、私の新しい生活が始まりました。本気で受験勉強をスタートさせることにしたのです。

宅浪から塾との出会いまで

受験勉強をスタートしてから、約2年間、私は宅浪しました。あいかわらず、家業の手伝いが必要だったからです。しかし、独学での勉強にはやはり限界がありました。受験の年の秋ごろから、科目によって成績の伸びがストップし、スランプがたびたび訪れました。その年に受けたセンター試験で目標としていた点が取れなかった時点で、私の焦りはピークに達しました。英語と生物の低迷はとくに私の焦りを増幅させていました。

藁にもすがる思いでインターネットを検索していたとき、偶然発見したのが、エコール麹町メディカルのサイトでした。そしてさっそく「慶応医学部直前講座」というものを申し込んでみました。

直前の個別指導を担当してくださった入野田先生三宅先生の指導は、わかりやすいだけでなく、内容は驚くほど高度で、まだ教えを乞うてから間もないにも関わらず、的確に私の弱点や課題を見抜いてくださりました。

原田塾長瀬戸先生との面談は衝撃的でした。たったの30分ほど話しただけで、自分の課題が一気に整理され理解できたのです。そして、一人ひとりの受験生を親身に考えてくださる姿勢がひしひしと伝わってきました。「この先生たちは決して裏切らない」、直感的にそのように信じられることはなかなかありませんが、正しい直感でした。

8月から本科に合流

一度、大阪に帰り、半年間の学費を貯めて、次の夏から、エコール麹町メディカルでの勉強が始まりました。瀬戸先生は、一人暮らしが初めてであった私のために東京での新居をわざわざ探して下さるなど、生活面でのサポートまでして下さいました。

本科生の皆さんと合流した8月、私が最も驚いたのは、周りの塾生の勉強量の多さでした。皆が10時の授業開始から丸々一日机に向かい、集団授業や個別授業の予習復習に真面目に励んでいる姿はとても刺激になりました。さまざまなキャリアを持った個性的でありながら素直で優しい他の塾生たちと一緒に半年間勉強できたことは、私の人生において本当に大きな財産になると思います。


塾生のみならず、先生方の授業も本当に素晴らしいものでした。まず、数学でお世話になった佐藤先生は気さくな人柄で、東京にきて間もなくナーバスになっていた私によく声をかけてくださいました。授業となると培ってこられた経験を駆使して、解答を導くことだけでなく問題の本質を見抜くことの大切さやその術を本当にわかりやすく教えてくださいました。中にはある程度数学に自信を持っていた私が自身の甘さを痛感するような厳しい指導もあり、本当に素晴らしい指導であったと思います。内海先生はいつも穏やかな口調で本当に丁寧に教えてくださり、私の苦手分野を的確に補強してくださいました。河本先生は、問題そのものにとらわれず、その問題に関連した受験生が抱えやすい盲点に焦点を当てた解説をしてくださいました。おかげで、私の成績はさらに伸び、超難関校レベルでも数学は得点源だと言えるほどの自信を身に着けることができました。

不得意な英語まで得点源に

英語科の先生方も、私の課題を的確に把握し、補強してくださいました。私は受験英語が嫌いで、一人で勉強していて時はややともすれば怠りがちになっていましたが、この予備校には、私の英語に対する嫌悪感をも吹き飛ばしてくださるほどの、濃密かつ興味深い授業をなさる先生方がおられました。教室長でもある瀬戸先生はもとより、本当に気さくな人柄で人気もあり、授業中の雑談にまで英語の細やかな知識を盛り込まれる倉林先生、ネイティブ以上ではないかと思えるほどの、英語に関する圧倒的な知識量をベースとした英作文の授業をされる入野田先生、単語の成り立ちや前置詞の本質など、受験英語だけではなく語学としての英語の視点からの授業をなさり、個人的に英語に関する相談にも乗っていただいた本田先生等など、この予備校の誇る多くの先生方のおかげで、秋頃の全国模試では偏差値が74に達するなど、大きく成績を伸ばしていただきました。

理科に関しては、三宅先生に本当にお世話になりました。生物学で博士号をもち医学部でも学んでいるというバックグラウンドを存分に生かされた生物の授業は圧巻でした。医学部を受験するのならば受講されて絶対に損はないとおもいます。

原田塾長による小論文の授業も、医療倫理などの医師を目指す上で考えておかねばならないテーマを基にした塾生間でのディベートなど、小論文のみならず面接の対策も兼ねた、非常に有意義なものでした。

センター科目の指導も充実

国語や倫理といったセンター試験科目も、この予備校は充実していました。国語は柳生先生が、週一回、たった二時間という超短時間にも関わらず、魅力に富んだその人柄と授業内容で見事に私たちの古文・漢文に対する苦手意識を取り除かれましたし、倫理は哲学が専門である英語の本田先生が、一日中予備校に詰めきって、私たちの質問の対応にあたってくださることもありました。

また、事務の方々も本当に温かく接してくださいました。竹生さんには、顔をあわせる度に声をかけて頂き、細やかな気遣いをして頂きましたし、久保田さん、寺井さんは本当に優しく親切な方で、よく励まされ、和ませて頂きました。普段塾生が顔をあわせる機会が多い事務の方々が素晴らしいのも、この予備校の魅力の一つです。

また、瀬戸先生の計らいでピラティスやヨガといった、身体のケアができる講座も行われました。よく言われる通り、合否を分けるのは気力と体力です。一日中勉強ばかりになると、肩こりや体のなまりなどから勉強の効率が悪くなったり、体調を崩したりするものです。どうしても勉強ばかりになりがちな秋以降にこうしたプログラムを設定して頂けたことは、気分転換の意味も含めて大いに助かりました。他にも、航空会社の方を招いての本格的な面接対策など、塾生の医学部合格に必要な様々なカリキュラムが組まれていました。

そして、この予備校の最大の長所は、個人に合わせた受験戦略を練って頂けることです。私は医学部に関しては何の知識もなく、時には「慶応だけ受験すればいい」とも考えていました。しかし、瀬戸先生は、そんな私の考えの背景を十分に理解してくださった上で、受験の戦略的観点や人生の先輩として、私に適した他の医学部や獣医学部の受験を勧めてくださいました。どの学校を受験するかは、受験生にとっては人生を決めかねない大きな問題です。しかし、大手予備校などでは、生徒数も多く、合格実績を求められる背景もあるため、充分に個人にあわせた受験校選びができているとは思えません。

入塾して本当によかった!

私が様々な学校を受験してみてわかったことは、どんなに実力があり、模試の判定が良くても、医学部受験において、すべての受験校に合格するのは至難のわざということです。私自身、絶対的に自信を持っていた慈恵医科大学に失敗しました。しかし、しっかりした準備をし、得意科目に合わせた受験校戦略を立てれば、限りなく100%に近い確率で希望の医学部合格を果たすことは可能です。進学できる医学部は1つだけですので、それでよいのだと思います。

私は、残念ながら第1の本命としていた大学に合格することはできませんでした。しかし、この予備校に入塾したことには、微塵の後悔も感じていません。客観的に見れば、たった半年の指導で、医学部に複数校合格できたことはすごいことなんのだと思います。1年間、もしくは1年半あれば、ほんとうに慶応でも東大でも合格できる可能性と手ごたえは感じることができました。これから医学部を目指そうとおもっていらっしゃる皆さんには、とにかくこの予備校を訪問し、実際にお話を聞いてみることをお勧めします。私が、なぜこの予備校を信じて頑張ることが出来たか、すぐにわかると思います●

 

木村優介さん [一般入試]

受験生時代の木村君と瀬戸先生
受験生時代の木村君と瀬戸先生

出身高校/(東京・私立)武蔵工大付属高校(現・東京都市大学付属高校)

日本大学医学部(最終合格)/帝京大学医学部(最終合格)/岩手医科大学医学部(一次)/東京医科大学医学部(一次)/東邦大学医学部(一次)/獨協医科大学医学部(一次)

僕が先生方にお世話になって医学部に合格してからはや5年。いよいよ今年(2010年)医学部6年生になりますが、受験生時代のことはいまでもたいへんよく覚えています。

高3のときは夏まで野球に明け暮れて、秋からなんとなく受験勉強を始めたものの当然夢かなわず。一浪した春に最初の医学部一次合格がきたとき、クラスメイトの先輩と非常階段で一緒に泣いたのを、今でも昨日のことのように思い出します。思い返すと受験勉強は辛かったですが、とても充実した日々を送っていたと思います。大学に入るという目標に向かって歩いていたんだと思います。そして、その道を示してくれたのが、当時僕の担任だった瀬戸雅美先生を始めとした医系専門予備校の先生方でした。

受験で大切なのは「いい先生がいること」と「集中して勉強できる環境」だと思います。僕は、その2つに恵まれたおかげで医学部に合格することができました。先生と勉強の計画を立て、それをこなしていくことだけを心掛けて勉強してきました。受験勉強を始めたとき、勉強法もわからない僕に丁寧に教えてくれました。このときに教わった勉強の取り組み方、集中力は、大学に入ってからも僕の勉強の基礎になっています。

予備校を卒業して医学部生となった後も、当時のクラスメイトや先生たちとはずっとよい交流をつづけさせてもらっています。塾長の原田広幸先生には個人的にドラムを教えてもらったり、瀬戸先生とは共通の趣味(釣り)をもち、お互いに貴重な休暇を釣り三昧で過ごすこともしばしばです。

遊びだけではなく、アルバイトをさせてもらったりもしています。医学部卒業後には大学院に進学するか、臨床研修に集中するかまだ迷っていますが、どちらにしても医大の中だけでの生活のまま社会人になっていくので、先生方の働く姿をみたり、またそのお手伝いをしたりすることは貴重な体験だと思っています。

また何よりも先生たちは「勉強のプロ」なので、大学での勉強をちゃんとするようにとか、効率のよい勉強の仕方などもアドバイスしてくれ、これは他のバイトではありえない環境だなあとありがたく思っています。

先生たちと一緒に働いていると、受験生のときには気づかなかった先生たちの大変さと努力がよくわかります。生徒さんに合った教材を準備したりするのはもちろんですが、生徒さんの話を聞いたり、相談にのったりすることで精神的にもサポートをしています。また生徒さんだけでなく、保護者の方たちとの面談や相談に応じている姿もよくみかけます。生徒さんも保護者の方も、先生と色々な話をすることで信頼関係を築け、安心して勉強に取り組むことができると思います。

昨春、僕が公私ともに信頼する先生たちが中心となって「エコール麹町メディカル渋谷本校教室」が開講することとなり、まさに「いい先生」と「集中して勉強できる環境」の2つがそろった場所が誕生すると思います。

僕も、OBスタッフとして、また医学部生として、今まで先生たちが教えてくれたことを、今度は生徒さんに伝えられたらと思っています。教室でみかけたら声をかけてください●