EKM-OB・OG 大学ルポ vol.3

聖マリアンナ医科大学

レポーター:(医学部)成川 ほの香

聖 マ リ ア ン ナ 医 科 大 学
聖 マ リ ア ン ナ 医 科 大 学

 今回のレポーターは、現在、聖マリアンナ医科大学1年生の成川ほの香さん(豊島岡女子学園高等学校卒)です。今回はインタビュー形式でお届けします。


■ レポートをするにあたっての意気込みを。:聖マリアンナ医科大学のリアルな実態をレポートできればと思います(笑)。
■ 新入生は、どういったかたがいますか?:北大の看護学部を出てから、看護学部と薬学部の両方を卒業してから、北京大学を2年目で中退してから、また、聖マ リアンナ医科大学の近隣の日本女子大から…と、様々な経歴のかたがいます。こうやって考えると、「現役・一般入試で」という人は案外少ないかもしれないで すね。今ぱっと思い浮かぶ人数でも「現役一般」という人は10人いるかいないか、という感じです。実際の人数はわかりませんが、「現役」というと「推薦」 というイメージがあります。
■ 大学の特徴は?:基本的に必修科目は全員同じ教室で受けます。そのほかに選択科目があり、英語はクラス分けをしていて、だいたい25,6名編成です。ほか には、出席番号順に8~9人区切りで学年担任が決まっています。たまに「昼食会」などで、「この前の中間どうだった?」など話す機会があります。
■ 「聖マリ」ならではのものは何かありますか?:キリスト教系の大学なので、「宗教学」の授業が特徴的です。でも、まあ…不評ですね(笑)。講師は神父の先 生なのですが、毎回板書の量が多く、みな苦労しています。この授業の評価は、ノートやレポートの出来具合が多くを占めているので、ノートの板書は必須で す。私の場合は毎回その神父と戦っていますね、毎週喧嘩(笑)でも、批判するほどなぜか評価にAやA+がつきます。
■1年次のカリキュラムについ て教えてください。:まず、聖マリは、「数学」がありません。それに、さきほどの宗教学、英語、医系自然科学(高校の生物、化学、物理を全部ひっくるめて 発展させたような科目)、生理学、生化学、解剖学、それからフランス語、中国語、ドイツ語の中から一つを選択します。このほかに、好きな選択科目を取る時 間があります。
■「解剖学」では1年次ではどんなことをするのですか?:「解剖」の授業は、脳実習、骨学実習というものがあり、実際に触って観察 をしたりします。脳実習では、2回実習ののち、3回目に口頭試問があります。「神経」や「溝」について様々聞かれて、その口頭試問からその後提出するレ ポートの枚数が決まります。先生によって、質問の回数や難易度、課されるレポートの枚数が全然違います。これは「運」です。骨学実習のほうでは、多い場合 には、40~50枚ほどの量を課されます。
■なにか課外活動はしていますか?:卓球部に所属しています。うちの部活は熱いですよ。医科歯科大学では週1回程度らしいのですが、うちの場合は週3回あります。8/8~は「東医体(東日本医科学生総合体育大会)」が始まります。

聖マリに入学されたさいには、「卓球部」への入部を強くおすすめします! 特に女子!

横浜薬科大学

レポーター:(薬学部)吉田 実可子

横 浜 薬 科 大 学
横 浜 薬 科 大 学

■ こんにちは。今回レポートを担当する、横浜薬科大学臨床薬学科2年吉田実可子と申します。今回は簡単に横浜薬科大学の様子をレポートさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。
■ 新入生の入学者数は約550人で、その中でも、8割の人が現役生です。 しかし、私と同期入学の人の中には、私と同じように浪人していた人、大学や専門学校を卒業して社会人として働いていた人や大学講師の方と同じくらいの年齢の方もいらっしゃいます。入試形式が多様なため、さまざまなバックグラウンドをもった方が多いのかなと感じました。
■ 横浜薬科大学には、漢方学科、臨床学科、健康学科の3つがあります。学科ごとに授業が組まれています。1年の時は、教養科目ばかりで朝から夕方まで講義です。
大学に入学してからすぐに、基礎学力テストがあり、その結果次第では補講を受けなければなりません。しかし、補講該当者でなくても補講を受けることができます。
この補講では、高校でやっていた内容の復習などが基本です。 2年生になると実習(実験)が始まり、午前中は講義で午後から実習(実験)という形です。実習では1年の時に、あまり交流がなかった他の学科の人と一緒に行う機会が増えるので、同じ学科の人はもちろん、他の学科の人とも友達になれます。
■ キャンパスは、最寄り駅からバスで20分くらいのところにあり、少々不便ですが東京都内や群馬、千葉などから2時間以上かけて通ってきている人もいれば、大学の近くで一人暮らししている人もいます。また、大学内には、薬草園があり、在学生であれば自由に入ることができます。私もまだ行ったことがないので、近いうちに行ってみたいと思っています!