[Web限定配信] 家庭教師との掛け持ちは必要ですか?

最近,ネットやTVのコマーシャルが影響してか,予備校と家庭教師の掛け持ちが流行っているようです。いや,それは推測にすぎず,掛け持ちを家庭教師業者が薦めているように見受けられます。

先日,相談にきた受験生も,「塾と家庭教師を掛け持ちすべきですか?」と聞いてきました。

そんな必要はないと言いました。塾の授業について行けなくて,家庭教師に教えてもらうというのは,本末転倒ですよね。高校や大学などの授業なら,入ったコースの縛りがあって,「ついて行けない授業」に頑張って付いていく必要があるものもある,というのはわかりますが,受験のための予備校のクラスについて行けないというのは,そのクラスのレベルがあっていないということでしょう。

大手予備校の選抜コースなど,すでに基礎レベルが完成している受験生を対象にしたクラスなどは,苦手科目があっても,クラス変更が認められず,その結果,クラスの授業についていけなくなるというような場合があるのかもしれません。

どうしてもついて行けないという人は,予備校の個別授業を取ればいいだけのこと。

「医学部受験に詳しい」という家庭教師を雇っても,すべての教科のバランスまで気を配ってもらえるのは稀なことです。

方針を示してくれる人が複数いるのは,余りよろしくありません。セカンド・オピニオン,という考えもありますが,あくまで,セカンド=副次的なアドバイスとして利用すべきでしょう。

船頭多くして船山に登る,です●