[Web限定配信] 予備校の選び方【3】

(「予備校の選び方【1】予備校の選び方【2】予備校の選び方【3】

【2】「全体のカリキュラムに責任を持つ立場の人の話に納得した上で,最終的には,本人の直観・直感で決めるしかない」

これが二つ目の答えです。

大手予備校だと,なかなか実現できないことかもしれませんが, カリキュラムや指導内容・方針に責任がある立場の人,できれば塾長や教室長などと、直接話をする機会をもちましょう

教科の先生が気に入っても,有名な先生がいても,その人が,あなたの受験全体に責任を持って指導してくれるわけではありません。「数学に,好きな先生がいるから」などという理由だけで,予備校を選ぶと,自分で全体の受験戦略を考えなければならないというリスクを負うことになります。


受験は全面戦争です。全体の戦略と,ここの戦略,ロジスティックスや,時宜を得た適確な判断,このようなものがそろって初めて勝利を収めることができます。 


それゆえ,全体の指揮監督を担う塾長をはじめとする責任者が信頼できそうか,頼れそうか,この点がポイントになります。わが校では,塾の”参謀本部”に所属する塾長である私や,本校の瀬戸教室長も,もちろん,この点は日々努力しています。しかし,最初に会ってお話しできる時間は限られていますから,オープンにしてある情報と,会話の内容を踏まえ,直観・直感で判断してもらうしかありません

とにかく,自分の学力をきちんと伸ばしてくれそうか,頼りになりそうか,塾長レベルの人に相談することです。


また,このことに関連して,もう一点補足しておきます。

先生方,スタッフ,それから経営者(経営陣・スポンサー)の経歴などをしっかり把握すること,これも重要です。

先生の出身(大学)やキャリアをオープンにしていない塾はNGです。良い先生は,かならずしも学歴とは関係ありませんが,まったく明らかにしていないのは,よろしくないですね。きちんとした教科内容の指導が可能かどうか,学歴は一つの指標になります。
  
それから,キャリア。 塾業界では先生の掛け持ちは当たり前ですし,有能な先生ほどあちこちから声がかかるので,いろいろなところに出講しています。しかし,先生は,あなたにとって良い先生かどうかが重要です。忙しすぎる先生には,「授業だけ教えてもらう」と割り切って考える必要もあるかもしれません。

私が述べているのは,先生を選り好みせよということではありません。自分のことに向き合ってくれる先生かどうか,この点が意外に重要なポイントになるということです。先生に自分のことを考えてもらうためには,もちろん,生徒側の努力も必要になるでしょう。時には叱ってくれるような先生も,自分に何が必要か教えてくれる先生も,ともに必要ですから,真剣に向き合えば答えてくれそうな誠実そうな先生かどうか。体験授業を受けられる塾も多いと思うので,この点もよく見ておくといと思います。

良い塾の講師の先生は,その塾の方針やアイデンティティを共有しています。塾の目指す方向や,生徒さんの属性をきちんと把握し,それを教務スタッフや経営陣と情報交換します。つまり,よい先生がいる良い塾は,教科講師,スタッフ,経営陣が一丸となって,同じ方向に向けて生徒さんを支援する,このような体制があるかどうか。先生同士が全くバラバラで,ひどいときには悪口を言い合っている・・・こんな塾では,誰の方針に従って頑張ればいいか,わからなくなってしまいますよね。

誰が経営者やスポンサーになっているかにも注意してください。
とくに,教務(塾の運営)と,経営が分かれているような塾の場合は,よく調べてみることが大切。塾も経営体ですから,指導内容やレベルは,経営方針と経営状況に強い影響を受けます。とりわけ,医学部予備校の中には,いろいろな塾が存在していますので,「○×理事長」や「△■会長」がきちんとした人なのかどうか,経歴を見ておくとよいでしょう●


「予備校の選び方【1】予備校の選び方【2】>予備校の選び方【3】)