EKM-OB・OG 大学ルポ vol.5

北海道大学 医学部

レポーター: T・S さん

北 海 道 大 学
北 海 道 大 学

 今回のレポーターは現在北海道大学医学部に通う、エコール麹町メディカルOBの方より、レポートをお寄せいただきました!

■ (同期)ほとんどが地元の進学校の卒業生です。再受験の割合はそこまで低くありませんが、北大の他学部からの再受験というケースが多いような気がします。
■(授業)北大一年生の理系学生のほとんどは、どこの学部にも属さない「総合理系」と呼ばれる学生です。一年次は医学部の学生も、その総合理系の学生に混じって教養の授業を受けます。総合理系の学生は一年次の成績で学部・学科が決定するので、真面目に授業に取り組んでいるひとがほとんどです。授業中に寝ているのは、大抵が学部が決定している医学部生などです。
■ 一年生のうちはとにかく多くの教養科目を取らされます。他学部の教養科目の必要単位数が40~45であるのに対して、医学科は53単位とかなり多いです。一年では取りきれないので、来年も教養科目を取ることになります。
■ (クラス)一年生は50以上のクラスに分けられます。一年生のうちは、部活以外で医学部の同期と関わることはほとんどありません。
■ (バイト)都内と比べると、どのバイトも時給がすごく低いです。家庭教師をしたり、自分が通っていた予備校でチューターのバイトをしたり、という人が多いみたい
 です。医学部だからといってお給料の面で優遇されるということは無さそうです。
■ (キャンパス)休日はもちろん、平日でも観光客が構内を歩いています。
■ (授業)解剖学や、その他専門科目はすべて二年生から始まります。それまでの一年間でやる気や興味を無くさないように、という配慮から、二ヶ月に一度程、医学科の先生方が「医学部っぽい」講義をしてくれます。が、参加率は低いです。

 

貴重なレポートありがとうございました!!!