事務局より

 梅雨明け宣言が出るやいなや、一気に暑くなりましたね。私は例年、自宅では真夏でも扇風機だけで過ごしていますが、今年はさすがに耐え切れず、ほぼ毎日、帰宅すると同時に冷房のスイッチを押してしまいます。
 暑い夏に限らず、寒い冬、季節の変わり目…と、人間は容易に、周囲の環境によっても体調を崩してしまいますから、生活の中で、体調を維持するためのちょっとした癖をつけると良いと思います。今回は、私が普段気を付けていることを3つ、お伝えします。

・睡眠:睡眠により、心身の疲労が回復するだけでなく、その日の学習内容や記憶が整理定着されます。頑張るつもりで「寝る時間を惜しんで」勉強や仕事をしても、睡眠不足のせいで病気になったり物事に集中できなくなってしまっては元も子もありません。寝る時間を確保した上で、起きている時間をどう過ごすか、しっかり計画しましょう。

・運動:足や背中のストレッチをして、血行を良くします。冷房の効いた部屋で、ずっと同じ姿勢で固まっていると、血行が悪くなり、肩凝りによる頭痛や苛立ちを引き起こしてしまいますし、体温調節がうまくできず、屋内外の気温差に体が対応できなくなってしまいます。夏のストレッチは、決して、水着姿に備えたダイエットだけに効果があるものではありませんよ。

・飲み物:冷えたジュースや水は美味しいですね。しかし、常に冷たいものを飲んでいると、体が冷えてお腹を壊したり、血行も悪くなります。冷たい飲み物は、眠気覚ましや気分転換のため程度にとどめておきましょう。といっても、湯気の立つ熱い飲み物でなくとも良いでしょう。常飲する飲み物は、なるべく、少しぬるいくらいのものにしておきましょう。(事務局:竹生)