【合格者の声】30歳・歯科医師からの医学部再受験 (1)

2014年度最終合格者 上栗千典さん 福島県立医科大学医学部医学科合格 

[2014年度受験結果]《国公立》福島県立医科大学医学部 前期 最終合格/《私立》大阪医科大学医学部 最終合格/関西医科大学医学部 最終合格/産業医科大学医学部二次合格(三次棄権)/自治医科大学医学部 一次合格/日本医科大学医学部 一次合格

 

2013年夏、湘南国際村合宿にて
2013年夏、湘南国際村合宿にて

EKM入塾に至るまで

 

 私は高校卒業後に鹿児島大学の歯学部に進学し、歯科医師のライセンスを取得して研修を経たのち、大学院へ進んだ経歴があります。結局、大学院のほうは自分のやりたい方向性と実際学ぶ内容に違いを感じて中退しました。そして、その後は歯科医院で歯科医師として働いていました。

 

そうしているうちに、以前から医師になりたいと思う気持ちがあったことに加えて、医師のライセンスを持って歯科治療を行うことのメリットがあるのではないかと考えるようになり、医学部を受験をしようと思い至りました。

 

以前に、国公立大学の歯学部を受験した経歴があったので、受験科目などの面においても独学でいけるかなと考え、1年自分で勉強をして新潟大学の医学部を受験したのですが、その時はやはり不合格でした。

 

1年目は、その1年で終わりにしようと思っていたので、翌年は普通に歯科医師として、半年間は受験勉強も一切やめて、仕事をしていました。しかし、やはりどうしても諦めきれず、「これが本当に最後」という気持ちで、とにかくもう1回ちょっとやってみようと決意しました。

 

ただ、前と同じように独学でやっていたら、同じ結果になってしまうのではないかと考え、医学部受験を専門にしている予備校に在籍しようと考え、いろいろ調べている中で塾長と教室長が書かれた本(『30歳・文系・偏差値30でも医学部に受かる勉強法』)を読んだり、ホームページを見たりする中で、EKMがいいかなと思い、入塾の相談に行きました。

 

塾を選ぶときにイメージしていたのは、塾の進めている学習方法を取り入れつつ、かつなるべく自分のペースも保ちながら勉強できる環境がいいな、と思っていました。また、大手のように沢山の受験生がいて、ちょっと講師の方と距離があるところよりも、先生との距離が近く、また塾の仲間とも仲良くやれるような環境の方が、自分に合うのではないかということも考えていて、それで、その環境が揃っているのがここかな、と思いました。

 

私はなにごとも第一印象で決めてしまうことが多くて、ここに面談に来てすごくいいな、と思ったのでそれですぐに入塾を決めました。